不登校の始まり

我が家には中学1年生の息子と小学4年生の息子がいます。中1息子は完全不登校、4年生は別室登校をしています。

はじまりは体調不良

冬休みが終わり3学期が始まろうとするとき、朝おなかが痛いという息子。トイレを確認すると下痢症状。仕事は朝少し休みをもらって様子を見るが、今日は休むというのでそのまま休ませて仕事に向かった。次の日もまた下痢症状。もともとお腹が弱く激しい下痢とともに嘔吐したり血圧が下がって顔面蒼白になったりするタイプだったのでほっておくわけにもいかず仕事を休んだり遅刻しながら様子を見た。赤ちゃんの頃から乳製品のアレルギーがあり近所の大きな病院がかかりつけであったため相談することとなった。

便の提出をしたり血液検査をしたり、毎日うんちの記録をして様子を伝えるも異常はない。心療内科も紹介されたが、特に心を開いて話すということもなく、いろいろな原因は否定されたため過敏性腸症候群ということで落ち着いた。

2週間ほど休んで、おなかの調子も落ち着いて、じゃ、もう学校行けるよね!と声をかけるととても慌てた様子で、教科書を読み始める。ここやってないからいけない! 勉強してなかったからいけない。と言い出す。休んでる間勉強しときなよーと声をかけてもあんなにしなかったのに、登校する朝になりいきなり慌てだすとは・・。その日は結局休みとなり、私は遅刻で仕事に向かった。

そこから6年生の10月まで休むこととなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました